福岡市六本松Healinglaboきらり桜子日記

地下鉄六本松駅徒歩4分の隠れ家サロン ウスイレイキ、カルナレイキ、セイキムレイキ、ライタリアンレイキ、エンジェルリンクの伝授講座開講中

オーバーブッキングの思い出

ユナイテッド航空のオーバーブッキング事件が取りざたされていますが、その昔、私もオーバーブッキング体験したことがあります。懐かしく思い出したので、書いてみましょか。 むかしむかしその昔、20年ちかく前だと思ってください。はじめてアイスランドに…

マイ産土神社 平野祇園神社(神戸市兵庫区)ご朱印

産土神社というのは、人の生誕を見守り、その後も死ぬまで守護してくださるご縁のある神様の神社を指します。産まれた日時と場所から鑑定するらしいですが、一口に産まれた場所といっても、産院とか里帰り出産の母親の里とか、一時的に滞在した場所ではあり…

灘の酒蔵めぐり2016―酒心館・白鶴・菊正宗・櫻正宗・浜福鶴―

先月、神戸に帰省した折、またまた灘の酒蔵巡りをしてきました。去年、灘、西宮の酒蔵を制覇したので、今年は伏見に行こうと計画していたのですが、ひょんな展開から、灘に行くことになりました。まだ未体験の酒蔵もあったので、まぁいいか、てことで、高校…

手塚治虫記念館(宝塚市)

日本の偉人といえば真っ先に名をあげたい方、手塚治虫氏。子どもの名前も『火の鳥』の登場人物から取ったという手塚フリーク桜子です。 神戸に帰省するたびに、一度は訪れてみたいっ!と熱望していましたが、なぜか機会にめぐまれず(ていうか本気度低い?)…

大宰府 九州国立博物館の蓮

先日、東山魁夷の特別展を見に九博に行きました。この特別展は前期後期と展示替えがあるので、前期展示は7月に見て、後期の分はもう終幕ぎりぎりのタイミングで見に行きました。さすがに人が多かったです。 東山魁夷さん、横浜生まれ、神戸育ちということで…

八幡朝見神社+温泉神社(別府市)

別府の市街地を見おろす小高い丘に、朝見神社はあります。 桜子御用達の断食道場では、ほぼ全員の散歩コースにはいっている神社。境内には萬太郎清水という名水もあふれているので、お水取りもできます。 そんな別府の守護神である朝見神社には、温泉神社も…

断食道場入寮記

今回は3回目の断食道場入寮です。 初回は9年ほど前でした。第3の人生のスタートに当たって、それまでの自分を芯からリセットするつもりで、生まれて初めての断食にチャレンジしました。21日間の入寮で、準備食7日、本断食7日、回復食7日というスケジュール…

伊丹酒蔵めぐり(小西酒造白雪ブルワリー長寿蔵)

伊丹は清酒発祥の地だそうです。初めて知りましたが。それまでは濁ったどぶろく状だった酒を、澄み切った清酒に濾過し、製品化したのが伊丹の酒蔵だったそうです。 ユニークで古い歴史を持つにもかかわらず、意外とマイナーな伊丹の酒。今回はうまい具合に情…

猪名野神社(伊丹)

4日ほど神戸の実家に帰っておりました。法事だったので、バリバリ遊びまわるってわけにはいきませんでしたが、伊丹の酒蔵巡りにでかけました。酒蔵巡りの記事はあとでアップするつもりですが、そこで偶然、出くわした神社についてまずお知らせしたいと思い…

鶴亀温泉(余市)・新千歳空港温泉(空港ターミナル内)

北海道旅物語vol.8 いよいよ北海道旅物語も最後になりました。 旅のもうひとつの目玉は温泉。今回は遠出はできませんでしたが、冬の北海道、やっぱり温泉ははずせない。 真冬の北海道の温泉の醍醐味は、なんといっても氷点下の露天風呂です。一日中氷点下な…

ニッカウィスキー余市蒸溜所(余市)

北海道旅物語vol.7 さあ、いよいよクライマックスですよ。私の旅のゴールはここ。マッサンの夢の出発点、ニッカ余市蒸溜所。 初めて訪れたのは十数年前の夏。北海道らしい乾いた空気の中、おとぎ話のような可愛らしいコテージが点在する広大な敷地に入って、…

小樽ビール 小樽倉庫No.1(小樽)

北海道旅物語vol.6 知る人ぞ知る小樽のクラフトビール、小樽ビール。 ブルーイルミネーションで照らし出された運河沿いにある倉庫群。その一角に、小樽ビールの醸造所兼パブがあります。小樽に泊ったときは、夕食はかならずここです。 【小樽ビール小樽倉庫N…

小樽ゆき物語 青の運河(小樽)

北海道旅物語vol.5 あんまり酒の話ばっかり続けると、酒ツアーと誤解されかねないので(誤解じゃなくて正解ですけど汗)違うことも書いておきましょう。 小樽のイルミネーションイベントは、年末から2月まであるようです。 まずはこれ「小樽ゆき物語」。 2…

田中酒造亀甲蔵(小樽)

北海道旅物語vol.4 さて、やってきましたなつかしの小樽。札幌から快速で30分ほどです。博多⇔小倉より近いですよ。小樽まではJRもバスも全国のICカードが使えるので、今回の旅は交通費はすべてnimocaにおまかせ。 何を隠そう、じつは札幌より小樽好きな私で…

サッポロビール博物館・サッポロビール工場見学(ほぼ札幌)

北海道旅物語vol.3 旅日記もいよいよ本題にはいります(笑)。 ビール博物館も工場見学も今回がはじめてです。なぜ、ビール検定3級保持者のわたくしが、今までサッポロビールさんを訪問しなかったのか?それは、ズバリ、行きにくいから! まあ、博物館のほ…

北海道立近代美術館・三岸好太郎美術館(札幌)

北海道旅物語vol.2 札幌は、この10年で数回訪れましたが、いつもスキーの帰りだったり、フライトの前泊だったりで、観光ポイントの定番を見て回るのがせいぜいでした。雪まつりとか、大通り公園とか、時計台とか、北大イチョウ並木とか、赤レンガ道庁とか、…

北海道神宮・開拓神社・穂多木神社(札幌)

北海道旅物語vol.1 札幌円山公園内にある北海道神宮は、北海道の総鎮守です。10年ほど前の冬、一度、参拝したことがありますが、その時は、ちょうど大雪直後だったので、円山公園も含めて、市内は半端ない雪で覆われていました。こんな感じ。 (JRタワーから…

弓弦羽神社  サッカーとフギュアスケートの聖地?

神戸旅シリーズの最後は、弓弦羽(ゆずるは)神社です。阪急御影で降りてすぐのところにありますよ。隣は香雪美術館。 せっかく楽しみに行ったのに、なんと福岡市美術館展やってて、あっちゃ〜な感じでした。 ま、入ったけどね。 弓弦羽神社は羽生君の話題で…

西宮酒蔵めぐり + 西宮神社

今回の帰省では、酒蔵巡り第二弾として西宮に行きました。 ちなみに前回は灘でした。→灘の酒蔵めぐり−浜福鶴・桜正宗・菊正宗−西宮の酒蔵もけっこう東西に伸びているので、真ん中の阪神西宮で下車するより、ひとつ手前の香櫨園かひとつ向こうの今津で降りた…

真冬にシベリアに行った話

ここでは初めて公開しますが、十数年前、ちょうどクリスマス時期にシベリアに行きました。 当時、友達が現地で仕事してたもんで、彼女がいる間に行っとかなきゃと、ひとっ飛びしましたわ。日本からは新潟‐ハバロフスクの便がありました。今調べてみると、当…

灘の酒蔵めぐり−浜福鶴・桜正宗・菊正宗−

ご存じのように、神戸および西宮は日本有数の酒どころです。 六甲山系から流れ下る多くの川が、酒造りを支えてきたんでしょうね。地元民は、酒蔵巡りなんて「観光」をしないので、純粋培養の神戸っ子な妹もいまだ未体験。 その妹を誘って、観光客のふりして…

神戸七福神めぐり

数年前、京都の七福神(都七福神)めぐりをしたことがあります。 それ以降、正月が来ると、七福神シーズン キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!な気がして、またどこかに行きたいなあと、ずっと思ってました。 今回、久しぶりに正月シーズンに神戸に帰省したので、神戸七福神…

太宰府戒壇院ご朱印

観世音寺のすぐ隣に、戒壇院(かいだんいん)があります。奈良時代半ば、唐より来日した鑑真によって創始されました。もともとは観世音寺付属の施設でしたが、江戸時代に独立。現在は福岡市博多区にある臨済宗妙心寺派の聖福寺の末寺として存続しています。…

太宰府観世音寺ご朱印

観世音寺は九州を代表する古寺で、造営開始は7世紀後半にさかのぼると言われています。開基は天智天皇、本尊は聖観世音菩薩。空海が唐から帰国した当初、滞在した寺としても有名で、九州随一の仏像彫刻の宝庫です。太宰府天満宮から少し歩くと、観世音寺な…

九博「近衞家の国宝 京都・陽明文庫展」と太宰府天満宮ご朱印

ただいま開催中の九博「近衞家の国宝 京都・陽明文庫展」を見に、太宰府まで行ってきました。展覧会の目玉は、なんといっても藤原道長の「御堂関白記」の現物。道長自筆の日記ですが、使っている日記用紙は記録用スペースのある暦。 私が驚いたのは、ビッグ…

吉備津神社 ご朱印

前回のスピリチュアルツアー旅日記の続きです(^_^;)さて、淡路やら神戸やらのパワースポットのあと、スピリチュアルマスター(笑)に薦められた岡山の吉備津神社に出向きました。なんでも霊験あらたかな素晴らしい神社だとか。そりゃ行かんわけにはいかんば…

神戸のパワースポット〜五色塚古墳〜

知る人ぞ知る、メジャー(いやマイナー?)なスポットのご紹介。 神戸市垂水区の、淡路島を望む台地の上に築かれた前方後円墳です。 兵庫県でもっとも大きな古墳で、4世紀後半、明石海峡とその周辺を支配した豪族が葬られていると考えられています。昭和6…

スピリチュアル・アイランド淡路島5〜岩樟神社〜

さて、最後に向かったのが、岩屋のフェリー乗り場近くにある岩樟神社。 ご祭神は、イザナギ、イザナミ、そして二神より生まれた蛭子(ひるこ)の三柱です。婚姻の際、イザナミが先に声をかけたのが原因で、満足のいく子にならなかったため、葦舟に乗せて流さ…

スピリチュアル・アイランド淡路島4〜伊勢久留麻神社〜

すでに夕暮れ空の下、それでも向かったのが伊勢久留麻神社。 全身でCLOSE!!を主張している神社拝殿(涙) 奈良の箸墓古墳を中心に東西対称に位置する伊勢神宮と伊勢久留麻神社。 御祭神は大日孁貴尊(おおひるめのむちのかみ)、いわゆる天照大神です。伊…

スピリチュアル・アイランド淡路島3〜岩上神社(神籬岩)〜

さらに車を走らせて、満開の桜に包まれた、雰囲気ばっちしの鳥居に到着しました。 太陽光線は虹色、ハレーションはヴァイオレットの六形形ですよ。 ここが次のお社か?と思って、下車する気満々でいたら、ここは徒歩用の参道入口のようです。 鳥居の横の細い…

スピリチュアル・アイランド淡路島2〜石上神社(舟木石神座)〜

どこをどう走ったのか、ヨソモノにはさっぱり分かりませんが、畑の中にある、小さい鳥居の前に到着いたしました。見るからに、コアなスポットです。 北緯34度32分の線上にある各地で、古くから日の神信仰していたことが明らかになった、というNHKのテレ…

スピリチュアル・アイランド淡路島1〜伊弉諾神宮・夫婦大楠〜

今回、奇縁に導かれて、淡路島のパワースポットをいくつか訪問させていただきました。 その一端を少しご紹介させていただきますね。さて、最初にご紹介するのは、淡路国一宮である伊弉諾神宮。大きな神社です。 手水場の水鉢は、穴のあいた不思議な形をして…

別府鉄輪温泉むし湯とジモセン

先日の別府旅行の続きです。(前回の記事はこちら)今まで何度か別府に来たことはあったけど、純粋に温泉を楽しむぞ!な旅は、ほぼ今回が初めて。 今回は、鉄輪温泉制覇のためにやってきました。(なんじゃそりゃ)さっそく、友人一押しの湯どころ「むし湯」…

ドイツビール3 ケストリッツアー シュバルツビア

久々のドイツビールです。とある酒屋のサイトをブラブラしていたら、ドイツビールのセットが・・・ おっ、これはオクフェス常連ビールじゃないか! で、思わずポチっ。こたつで飲むドイツビールもおつなもんです。ということで、今回はオクトーバーフェスト…

勝沼ぶどう郷ワイナリー巡り

10月半ば、山梨に行ってきました。遅ればせながら、ワイナリー巡りの記事アップします。 勝沼地区のワイナリーマップ スタート地点のJR勝沼ぶどう郷駅。 駅舎の横にもぶどう棚があって旅情を誘います。 コミュニティバスのような巡回バスに乗ってまずは…

甲斐 武田神社 ご朱印

山梨県甲府市にある武田神社。初めて参拝しました。 ここは甲斐国の守護神神社ということで、旅行者にとっても貴重な観光スポットです。 ご祭神はもちろん武田信玄。武田神社は、信玄の父・信虎が永正16年(1519年)に石和より移した躑躅ヶ崎館跡に鎮座して…

パワースポット生田神社

さて、神戸で参拝したもうひとつの神社。生田神社のご紹介です。え、手抜きしてるやろって? もうちょっとレアなとこ行けよ?まあまあ、「視界の外」という観点からみれば、三宮神社も生田神社もアストラル界に迷い込むのと同レベルなんですから、うちらには…

神戸 三宮神社 ご朱印

ご無沙汰しております。福岡に戻ってきました。さて、旅の終わりに神戸の実家に立ち寄ったついでに、今まで立ち寄ったこともない神社にお参りしてきました。 今日と明日、ご紹介しますね。まずは三宮神社。ええ〜っ、こんな街中にあってすぐ行ける神社に行っ…

三池カルタ歴史資料館(カルタックスおおむた)

ずっと行きたいと思ってたカルタ資料館に行ってきました! 天神からわずか1時間のジャーニーですが、大牟田は心理的に遠いのです(涙)。さて、残暑が厳しいざんしょ!な今日、思い立って電車に乗りました。 去年、行こうとしたときは、リニューアル工事に…

世界のコイン11 ドイツ

忘れた頃にやってくる世界のコインシリーズ。今回はドイツです。ドイツはご存じのようにユーロですが、なぜか旧硬貨も手元にありました。上から順に、1ユーロ、2セント、旧硬貨50ペニヒ。 8日間ドイツを旅した割には、ドイツユーロ2種類って、いったい…

世界のコイン10 オーストリア

この流れ、もう止まらないので、このまま行ってしまいます。今回はオーストリア。ウィーンでゲットしたコインです。わずか2枚しかありませんが、旅のストーリーは短くないぞ。いやそれはもうええわ。21世紀のオーストリア通貨はユーロ。でも、手元にある…

世界のコイン9 イタリア

すっかりコインブログと化してしまいました。この流れ、誰かとめてぇ〜(>_で、今回はイタリアです。こんなメジャーな観光地にも行っちゃったんですよね、杖ついて┐(-。ー;)┌ヤレヤレ 詳細は後半で。ご存じ21世紀のイタリア通貨はユーロ。 ユーロコインというのは…

世界のコイン8 イギリス

世界のコインシリーズ連続投稿。今回はイギリスのポンドとペンス。まず、手持ちのおカネを一種類ずつずらりと並べてみました。若き女王がほほえむ5ポンド札もあります。落書きしてあるところがリアルでよろしい。一昔前の日本でも、メモ代わりに落書きした…

世界のコイン7 マレーシア

続けてコインの紹介いきます。今回はマレーシア。前回ご紹介したインドへ行く前に1週間ほど滞在しました。 それまで遠方中心で旅していたので、初めての近場、マレーシア。 マレーシアについては、そこそこいい印象を持ってたのでなめてました。 ひとりで世…

世界のコイン6 インド

久しぶりに世界のコインです。今回はインド。私が行ったのは2006年。3週間ばかし滞在しました。最初でたぶん最後のインド。インドの通貨はルピーとパイサ。左から5ルピー、2ルピー、1ルピー、50パイサ硬貨。 それぞれの表面の意匠は次の通り。 5…

世界のコイン5 アイルランド

忘れた頃に、ふたたび世界のコインです。今回はアイルランド。2ユーロ、1ユーロ、50セント、20セント、10セント、5セント、2セント、1セント。ユーロコインは、表は共通デザインだけど、裏面に各国の特徴がある。私が行ったのは2002年だった…

久留米 高良大社で茅の輪くぐり

6月1日、久留米の高良大社に初めて行ってきた。行きはシャトルバスで大社まで直行し、帰りは徒歩で下った。噂には色々聞いていたが、高良山は期待を大きく上回る素晴らしい聖山だった! 麓近くまで住宅地だというのに、一歩足を踏み入れると、下界から超絶…

世界のコイン4 デンマーク

久しぶりの世界のコインです。今回はデンマーク・クローネ。 北欧諸国は頑張ってユーロを拒否し続けていますね。えらいっ!(あ、どうでもいいかこんなこと)さて、「クローネ」というのは英語読みすると「クラウン」=王冠ということですが、デンマークのみ…

ドイツで出会った修業中の大工さん−ギルドと徒弟制度

世界史の授業で習った記憶もあるかと思うが、ヨーロッパにはギルド制度という社会制度がある。ウィキペディアでは次のように説明されている。西欧の中世都市においては、大商人によって組織された商人ギルドが市政運営を独占していた。 次いで、手工業者たち…

日本最古の観音霊場―九州西国三十三観音霊場巡礼

ゴールデンウィークにいよいよ突入し、お出かけする方も多いと思います。 巡礼マニアなわたくしは、2007年〜2008年にかけて九州西国霊場を7カ所参拝したので、マイナーな霊場だけれど、興味ある方がいらっしゃるかもと思い、ちょっとご紹介します。…

Copyright Healing lab Kilali.Inoue Sakurako All Rights Reserved.
※ 当サイト上の記事の無断転載・加工使用はご遠慮ください。