読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡市六本松 Healing labo きらり別館(桜子日記)

地下鉄六本松駅徒歩4分の隠れ家サロン ウスイレイキ、カルナレイキ、セイキムレイキ、ライタリアンレイキ、エンジェルリンクの伝授講座開講中

世界のトランプ8 ナイペス イベーロ・アメリカーナ

NAIPES(ナイペス) は、スペインで古くから使われているトランプで、もともと「ナイブ」と呼ばれるカードゲームのためのトランプだったらしい。また、「ナイペス」という言葉は、カードを表す古いスペイン語とのことなので、現行トランプより古い時代のカードといえる。タロットとたもとを分かつ前後のカードなのかしら。似ているところが多くて、見ていて飽きない。

この「ナイペス イベーロ・アメリカーナ」は、1929年に出版されたカードを、スペインのカードメーカーFOURNIER(フルニエ)社が1979年に復刻したもので、15、16世紀にスペイン、ポルトガルが入植したアメリカを題材にして製作されたものだという。一枚一枚が美しい水彩画で描かれたトランプです。

構成は、1〜7、10,11,12の全40枚。ジョーカーはない。8と9のカードもない。
スートは、通常トランプのダイヤ・ハート・クラブ・スペードではなく、ペンタクル(貨幣)、カップ(聖杯)、ソード(剣)、ワンド(棍棒)というタロットカードのスートと同じ。素材は滑りのいい紙。手荒に扱うと折り目がつきそう。





人物札の10はネイブ(従者)、11はナイト(騎士)、12はキング(王)。クィーンはない。
「ナイペス」ってトランプがクィーンのないカードなのかというとそうではないらしく、モノによってはネイブではなくクィーンのものもある。こんな感じ↓ スペインの地方札ナイペス(画像はアマゾンさんから拝借)

こうなると、もうマルセイユタロット↓との区別もつかなくなるよね。




※関連過去記事はこちら
世界のトランプ7 ロシアイコン





............................................................

井上桜子のサロンブログはこちら→  ヒーリングラボきらり
きらりでは、レイキヒーリング、レイキ講座のほか、
手ぶらで受講できるタロット体験1day講座など、
ココロとカラダの浄化と活性化をはかる講座を好評開講中です。
メニュー・料金など
自分をさらにバージョンアップさせたい方、きらりのマンツーマン講座でじっくり学んでみませんか。
お近くの方、旅行中の方、お気軽にご予約ください。

............................................................

Copyright Healing lab Kilali.Inoue Sakurako All Rights Reserved.
※ 当サイト上の記事の無断転載・加工使用はご遠慮ください。