読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡市六本松 Healing labo きらり別館(桜子日記)

地下鉄六本松駅徒歩4分の隠れ家サロン ウスイレイキ、カルナレイキ、セイキムレイキ、ライタリアンレイキ、エンジェルリンクの伝授講座開講中

スピリチュアル・アイランド淡路島5〜岩樟神社〜

さて、最後に向かったのが、岩屋のフェリー乗り場近くにある岩樟神社。
祭神は、イザナギイザナミ、そして二神より生まれた蛭子(ひるこ)の三柱です。

婚姻の際、イザナミが先に声をかけたのが原因で、満足のいく子にならなかったため、葦舟に乗せて流されてしまったと伝えられている蛭子。後に蛭子神は、恵比寿(えびす)と同一視され、信仰の対象となりました。なので、岩樟神社の前には、恵比須神社の社殿があります。





岩楠ということは、もとは巨石と巨木がセットになっていたのかな?とも思われますが、見る限りでは、楠木の跡はなく、むしろ「楠の巨木のような巨石」という意味かもしれません? あるいは、岩の上に生えているこの小さい木が楠なのかも???

・・・と無知な憶測を重ねておりましたが、名前の由来は、『日本書紀』によると、蛭子神が流された船の名前が天磐楠船(あめのいわくすぶね)だそうで、そこから命名されたものと思われます。


この巨石にあいた洞穴は、昔の風習から、現在でも古びた祭器や神体を納受する場所になっているそうです。本殿から遠いこの穴 ↑ は物置っぽいですが・・・




岩樟神社の鳥居と本殿



夕暮れ時にもかかわらず、本殿は白い光に包まれていました。

またこの洞窟はイザナギの幽宮であるともいわれているそうで、たいへん興味深い神社です。


これにて淡路島編は終了です。  でもまだまだ続くよ・・・


※関連過去記事はこちら
スピリチュアル・アイランド淡路島4〜伊勢久留麻神社〜


............................................................

大濠・舞鶴公園至近の井上桜子のサロンはこちら⇒ヒーリングラボきらり
メニューは、心と身体と魂が浄化され活性化されるレイキヒーリング、
レイキ伝授講座(ウスイレイキ・カルナレイキ・セイキムレイキ)など。
お近くの方、旅行中の方、お気軽にお越しください。⇒メニュー・料金

............................................................

Copyright Healing lab Kilali.Inoue Sakurako All Rights Reserved.
※ 当サイト上の記事の無断転載・加工使用はご遠慮ください。