福岡市六本松Healinglaboきらり桜子日記

地下鉄六本松駅徒歩4分の隠れ家サロン ウスイレイキ、カルナレイキ、セイキムレイキ、ライタリアンレイキ、エンジェルリンクの伝授講座開講中

発展系レイキ受講のタイミング(私見)

レイキの基本は臼井師のウスイレイキですが、いわゆる発展系レイキというものがあります。

アメリカの熱心なレイキマスターたちが開発したレイキシステムで、「発展」系とネーミングされているだけあって、ウスイレイキをさらに進展させたらこうなるのだろうと感じさせるような、深くて高いエネルギーをもっています。

きらりでも、発展系レイキの中のカルナレイキ®とセイキムレイキ(SSR)の講座を提供させていただいていますが、近頃ご質問を受けましたので、この場を借りてシェアさせてもらいますね。

「ウスイレイキのサードレベル(上級講座)を修了して、どのくらいで発展系レイキを受講できますか?」

まず、カルナレイキからお答えします。

プラクティショナーレベルであるカルナⅠとカルナⅡは、ウスイサード修了後、続けて受講しても問題はないようです。
ですが、マスターレベルは、センターの規定では、ウスイマスターシンボルを伝授後、少なくとも半年経っているのが望ましい、という条件があります。この条件が、世界中でどれだけ厳密に守られているかは疑問ですが、センターの希望条件としてはそうなっております。

で、私の意見です。

カルナⅠ・Ⅱについては、半年あけなければいけないという規定はありませんが、カルナは非常に深遠なエネルギーです。そのエネルギーを十二分に受け取り、使いこなすには、やはりウスイレイキのマスターシンボルを数カ月間しっかり使って、自分や人を癒す経験を積み、ウスイマスターシンボルのエネルギーに十分馴染んでおいたほうが、受け取るカルナのエネルギーに差が出ると思います。

講座でもいつも申し上げていますが、エネルギーワークは、焦って先に行くよりもじっくり熟成させたほうが、自分の身(実)になります。

じっくり熟成させて伝授に臨んだ受講生は、皆さん、素晴らしい経験をされて、カルナレイキの奥深さに触れていらっしゃいます。それはもう感動的ですらあります。こういう経験ができるのも、熟成させたおかげかなと、近頃、つくづく思います。なので、カルナ受講をご計画中の方は、焦らず、自分の中でゴーサインが出たときにお越しくださいませ。

で、セイキムレイキに関しては、これはもう何の規定もなく、いつでも受講OK!ということになっておりますが、じつはここには深い落とし穴が・・・(笑)

セイキムは、カルナよりさらに受け取りにくいエネルギーです。熟成の上に熟成を重ねて臨んでも、講座でティーチャーから受ける伝授だけでは十分に受け取れません。もっと正確にいうと、そのときの自分のエネルギーレベル以上のものは受け取れません。そのために、セイキムでは伝授をさらに深めていく瞑想ワークが用意されています。あとはどうぞご自分で、という感じでしょうか(笑)。私自身、伝授後、数か月間、瞑想ワークをやり続け、エネルギーをじわじわ上げていきました。セイキムのマスターシンボルを使いこなせるようになったときの感激は感無量でしたね。

まあ、いずれのレイキでも、より確実に深く受け取るためには、焦らないこと、そして、自分で努力することがやっぱり必要です。

以上、述べたことはあくまで私見ですが、発展系レイキ受講をご計画中の方々の参考になれば幸いです。

広告を非表示にする
Copyright Healing lab Kilali.Inoue Sakurako All Rights Reserved.
※ 当サイト上の記事の無断転載・加工使用はご遠慮ください。