読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡市六本松 Healing labo きらり別館(桜子日記)

地下鉄六本松駅徒歩4分の隠れ家サロン ウスイレイキ、カルナレイキ、セイキムレイキ、ライタリアンレイキ、エンジェルリンクの伝授講座開講中

カードの話

レイキの学び方 タロットの学び方

きらりでは、レイキなどのエネルギーワークとタロットを二本の柱としてメニュー化しております。ふたつとも不思議ワールドの巨頭で、うまく使えば相互補完的に人生に役立ってくれます。この二つはまったく違うものですが、共通する学び方のコツがあります。 …

パメラ・C・スミスの描くウェイト版タロットの世界

さて、前回の続きです。ウェイト博士に作画を依頼されたパメラさん。 小アルカナについては、ざっくりしたアウトラインのみ指示され、あとは自分の知識とイメージでもって作画したと伝えられています。その際、ウェイト博士から参考資料として紹介されたのが…

ウェイト版タロットの創始者アーサー・E・ウェイト博士とパメラ・C・スミス嬢

きらりのタロット占いおよびタロット講座では、ウェイト版タロットを使用しております。 今回は、このカードの創始者であるウェイト博士とパメラ嬢について、ざっくりご紹介してみたいと思います。 【アーサー・E・ウェイト(1857年 - 1942年)】 画像はWik…

ウロボロス

ウロボロス (ouroboros, uroboros)とは、古代の象徴のひとつで、己の尾を噛んで環となったヘビ(もしくは龍)を図案化したもの。 ヘビは、脱皮して大きく成長するさまや、長期の飢餓状態にも耐える強い生命力などから、「死と再生」「不老不死」などの象徴と…

無限大

前回同様、今回も、タロットカードに登場する象徴について書きます。 今回は無限大∞。 8の字を横に倒したような無限大マーク。しょっちゅうお目にかかると思います。 企業のシンボルマークや芸能人の名前にも使われていますよね。この無限大記号の由来とし…

世界のトランプ10 ゲーテトランプ

久々にトランプのご紹介です。結構紹介してきたけど、まだまだあるんです。(^_^;) これは、ご存じドイツの大文学者ゲーテのトランプです。 ドイツに行ったとき、ゲーテ御用達のパブでビールも飲みました。記念館にも行きました。そこで買ったトランプです。…

世界のトランプ8 Affiches retro 世紀末フランスポスター

フランスの大手グリモー社のトランプですが、なんというタイトルをつければいいのか、迷いましたわ。 仕方ないので、見たまんまのネーミングをつけてみましたがどうでしょ?とっても滑りのいい紙質で、油断するとすぐ手から滑り落ちてしまいます。 背面のデ…

三池カルタ歴史資料館(カルタックスおおむた)

ずっと行きたいと思ってたカルタ資料館に行ってきました! 天神からわずか1時間のジャーニーですが、大牟田は心理的に遠いのです(涙)。さて、残暑が厳しいざんしょ!な今日、思い立って電車に乗りました。 去年、行こうとしたときは、リニューアル工事に…

ジプシー・ルノルマン・オラクルデッキ(プチ・ルノルマン・カード)

前回のジプシー占いに関連して、今回はジプシー・ルノルマンのご紹介。ルノルマンカードの「ルノルマン」は、ナポレオン時代に活躍した有名な占い師マドモアゼル・ルノルマンを意味する。が、彼女がこういうカードを使っていたわけではない。あくまで「ちな…

ジプシー占い

映画に出てくるジプシーの占い師は、水晶玉の置いてあるテーブルの上にタロットカードを広げ、意味深な顔つきでおもむろに一枚のカードをめくる。その運命の一枚は、たいてい死神か塔のカード。間違っても、金貨の3みたいな何これ?ってカードじゃない。だ…

世界のトランプ8 ナイペス イベーロ・アメリカーナ

NAIPES(ナイペス) は、スペインで古くから使われているトランプで、もともと「ナイブ」と呼ばれるカードゲームのためのトランプだったらしい。また、「ナイペス」という言葉は、カードを表す古いスペイン語とのことなので、現行トランプより古い時代のカー…

モーガン・グリア・タロット MORGAN GREER TAROT

USゲーム社のウェイト系タロットデッキ。サイズは通常のライダータロットとほぼ同じ。素材はしっかりした滑りのいい紙製。カード自体には取り立てて文句のつけようはないけど、絵は好みが分かれるところだねこりゃ。 大アルカナご覧のとおり、顔にフォーカス…

タロット占いの楽しさと難しさ

皆さんは、何を知りたくて占いをされますか?占いには大きく分けて3つの種類があり、ウィキペディアでは次のように説明されています。「占いは、大別すると命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)の三種類に分かれ、 占う者は目的に応じて占いを使い分け、組み…

世界のトランプ8 ハーブ

今夜はワルプルギスの夜。ワルプルギスの夜って何?古代ケルトには、バルティナあるいはケートハブンと呼ばれる春の祭りが5月1日にあり、この祭りの前夜がヴァルプルギスの夜などと呼ばれ、魔女たちがサバトを開き跋扈するなどと伝えられていた。とWikiでは…

タロットとオラクルカード

私はタロット占い師なので、うちのサロンではタロット講座しかやっていないんですが、先日、ひょんなことからオラクルカードについてお問い合わせを受けました。タロットとオラクルは同じようなもの?違うの?と疑問に思ってらっしゃる方も多いと思うので、…

世界のトランプ7 ロシアイコン

久しぶりにトランプのご紹介。 クリスマスシーズンなので、ドイツにしようか何にしようかと考えたが、未開封のロシアトランプを開けてみた。以前ご紹介したロシアのトランプ(世界のトランプ1ロシア)もユニークなカードだったが、このトランプは、それとは…

世界のトランプ6 再びアイルランド

一体いくつ買ってきたんだってくらい、アイルランドのトランプがぞくぞく出てくる。以前ご紹介したのはこちら。これはビールやウイスキーのトランプだったが、今回は、近まるハロウィンにちなんで、アルコールなしのトランプをご紹介。そもそもハロウィンと…

ハロウィンタロット

この時期ならではのタロットカードのご紹介。 発行はUSゲーム社。サイズは普通のタロットカードサイズ。紙質良好。言うことナッシング(笑)。ホラー映画からインスピレーションを得て作画したというだけあって、一枚一枚からストーリーが浮かび上がってき…

日本のトランプ3 札束トランプ〜誰でも億万長者気分〜

オータムジャンボが発売中らしい。 宝くじの1等に当たる確率は、1年間に交通事故で450回死ぬ確率と同じ、とかいうのをどこかで読んで以来、当てようと思ったことはない。ただ、去年の震災以降、皆さんの夢にカンパするつもりで毎回1枚だけ買っている。…

日本のトランプ2 海の友達 図鑑トランプ

夏休みにちなんで、キッズに受けそうなトランプをご紹介。 かなり以前に長崎のペンギン水族館で購入したトランプです。説明書にはこのように書かれている。 ............................... このトランプは、世界のいろいろな所にすむ生き物をもっと良く知…

オールド・イングリッシュ・タロット Old English Tarot

いよいよロンドンオリンピックが始まった。 開始早々ていうか直前に、早くもサッカーで大勝利。 ハードな国内外情勢でオリンピックムードまったく盛り上がってなかったけど、一気に盛り上がりそうで良かったねテレビ局さん。やっぱりこのタイミングなので、…

マルセイユタロットとトランプの絵札

しげしげとトランプを眺めていたら、キングやクイーンなど絵札の顔の向きが微妙に違うことに気づいたことを、以前、ここに書いた。あれ以来、ずっと気になっていたが、ある日、ふと、そういやマルセイユ版に似てないか?とひらめき、もしかしたら何か共通点…

世界のトランプ5 マルタ

久しぶりにトランプのご紹介。今回はマルタで購入したトランプ。メイドインチャイナなので、絵柄自体に特徴はなく、表(裏?)の地図だけがマルタを感じさせてくれる。アイスランドの中華製トランプも地図が目玉だったが、だいたい、工場に発注するのがそん…

太陽と月のタロットカード sun and moon tarot

日食とは、太陽が月によって覆い隠される現象である。 なので、近まる金環日食にちなんで、太陽と月のタロットカードをご紹介したい。制作はアメリカの大手カード会社USゲーム。作画はヴァネッサ・デコートさん。 外箱側面にカバリズムとタオイズムの融合と…

日本のトランプ1 ちびまる子ちゃんトランプ

トランプコレクターを自認する以上、日本のトランプだってコレクトしてます。(≧▽≦) 今日ご紹介するのは、おなじみちびまる子ちゃんのトランプ。箱の下のほうにRIBONの文字がある。全然記憶にないが、どうもこれ、雑誌「りぼん」の付録だったようだ。裏を見る…

世界のトランプ4 アイスランド

アイスランドで購入したトランプ2種のご紹介。まず最初は妖精トランプ。メイド・イン・アイスランド。 アイスランドは北欧神話を生んだ国で、妖精の生きている国としても有名である。 付属の説明書によると、このトランプはそうした民話や伝説の中で、クリ…

易学系タロットカード(イーチンタロットI CHING OF LOVE・易占開運カード)

宇宙のシンクロニシティで運気をみる方法は、西洋のカード占いのほか、中国の易がある。 昔は街占といえば筮竹を持ったお爺さんが一般的だったが(生まれ年が知れる?)、最近はめったにお目にかからない。 で、易をやるなら、コインやサイコロではなく筮竹…

世界のトランプ3 ミュシャ

春らしく明るいトランプの紹介。 このミュシャトランプは美術館で購入したと記憶している。ミュシャ展だったか何だったかはあいにく覚えてないが、買ったからには余程気に入ったに違いない。今回、撮影するために数(十?)年ぶりに取り出して見たが、なるほ…

世界のトランプ2 アイルランド

3月17日はアイルランド最大の祭りセント・パトリックス・デーなので、ここでアイルランドのトランプを3種ご紹介しておく。まず最初はギネス。 その昔、ギネスを飲みにふらふらとアイルランドまで行った物好きな私。到着翌日にはさっさと川沿いのギネス工…

世界のトランプ1 ロシア

ひそかにトランプコレクターな私。せっかくなので、少しずつ紹介していきたい。今回はロシアのトランプ。 これはモスクワ(いやサンクトペテルブルグだったかな)で購入したもの。素材は紙100%な感じ。サイズは9×6cmくらい。カード製作で有名なフランスのGri…

ユニバーサルウェイトなどウェイト版の比較

タロットカードで最も一般的に使われているカードは、アーサー・ウェイト博士が考案してパメラさんが作画したライダーウェイト版だが、同じ図柄をメアリー・ハンソン=ロバーツさんが鉛筆画で描きなおしたのがユニバーサルウェイト版だ。私は両方同じくらい愛…

ラクシュミ

今日、例の「アセンディッドマスター・オラクルカード」を一枚ひいたら、ラクシュミのカードが出た。 ラクシュミは和名で吉祥天と言われるように、美と豊かさと幸せを象徴する女神だ。 もともと、「目標」「狙い」を意味するサンスクリット語「ラクシャ」か…

カードの浄化聖別の方法

買ったカードをそのまま占いに使う人は、まさかいないと思うが、浄化と聖別について、ちょっと考えてみたい。(浄化と聖別としているが、ほんとのところ、どういう単語が適切なのか分からない)カードの下準備としては、一般的には「浄化」しか言及されない…

アセンディッド・マスター・オラクル・カード

ドリーン・バーチュー 『アセンディッド・マスター・オラクル・カード』(カードと説明書) 2010年 JMAアソシエイツドリーン・バーチュー 『願いを叶える77の扉〜大天使とマスターを呼ぶ〜』(オラクルカードの更なる解説書) 2011年 JMAアソシエイツ先日、ドリ…

クリムト トランプ&タロットカード

クリムトファンにご紹介したい、ふたつのカード。 トランプとタロットカードです。 同じのが2セット梱包されたトランプ。 外箱の蓋は「アデル」の上半身画。トランプカード背面は、おなじみのThe kiss(接吻)。ちなみに、この2人は唇だけでなくボディも接…

ルーン・タロット

鏡リュウジ 『改訂版神聖ルーン・タロット占術』 2000年 学研 北欧ルーン文字を使ったタロットカード。空白のゼロカードも含めて25枚ある。 もともと古代ゲルマンのアルファベットだったルーン文字は北欧で生きのび、一部の文字は今でもアイスランドで実際に…

日本の神様カード

大野百合子 『日本の神様カード』 2010年 ヴィジョナリー・カンパニーひそかに人気の神様カード。サイズは普通のタロットを少し幅広にしたくらいの大きさ。紙質は申し分ないが、若干すべりにくいのは新しいからか。カードは48枚あって、プラス1枚、地元の産…

エオラ・ジェムストーン・オラクル・カード

台風一過、すっかり秋風が吹き始めた今日此の頃。 こちらはあきずにカードネタ続けます。 ジェームズ・マキオン/ロバータ・キャロサーズ 『エオラ・ジェムストーン・オラクル タロットで探究するクリスタルの世界』 2004年 アートビーング発行これは石のタロ…

オリジナル・ライダー・ウエイト・タロット・パック

超円高で輸入品は今が買い時!という風潮に乗って、かねてより興味を持っていたライダーデッキのオリジナル版を買ってみた。第2次大戦のロンドン空襲で破壊された原版をもとに作られた復刻版だそうで、アマゾンのレビューには「プリントごっこで印刷したみた…

Copyright Healing lab Kilali.Inoue Sakurako All Rights Reserved.
※ 当サイト上の記事の無断転載・加工使用はご遠慮ください。